【解決!】LINE(ID検索・年齢認証)をON(オン)にする方法3つの方法!

【解決!】LINE(ID検索・年齢認証)をON(オン)にする方法3つの方法!

博士
現在、格安SIM・スマホをお使いの方・ご検討中の方は格安スマホに乗り換えると、

LINE(ID検索・年齢認証)が出来ないということで、乗換を行うことに躊躇している又は、困っている方も多いと思います。

 

大手キャリアでは当たり前に使えていた機能になるので、どうしても格安SIM・スマホはなんかこういう小さな制限などが増えるとなると、まぁ、月額費用は高いけど、やっぱり大手キャリアが無難かな~っと思う方が大半かと思います。

 

そんな、方々に向けて、格安SIM・スマホでLINE(ID検索・年齢認証)が利用できるようになる方法をお話していきます。

LINEと格安スマホの関係は?

博士

LINEとは、スマートフォンアプリを中印に無料でチャット(トーク)や通話を利用でき、ゲーム・音楽などの関連サービスも楽しめるコミュニケーションツールです。

LINEはLINE株式会社が運営しているサービスです。LINEと格安スマホの関係は、下記のようになります。

  • 格安スマホ(通信契約する会社)
  • LINE(Webサービス)

このLINEは実はLINEモバイルという格安スマホ会社も運営しております。

 

2018年3月20日に、LINEモバイルはSoftbank(ソフトバンク)に出資比率がSoftbank(ソフトバンク)51%,LINEモバイル49%で実質のSoftbank(ソフトバンク)の子会社になりました。

 

Softbank(ソフトバンク)グループの傘下にある、格安スマホは下記のようになります。

  • ワイモバイル
  • LINEモバイル

こちらの2社は、格安スマホの位置付けではありますが、LINEのID検索・年齢認証が唯一可能な格安スマホ会社になります。

LINE年齢認証とは?


博士
実は、今現在はLINE年齢認証は有名な言葉ですが、2013年9月25日以前は年齢など関係なくどなたでも、

ID検索・年齢認証が出来ていたのです。

 

LINE(ライン)利用ユーザーは12歳~19歳の子供だけで約150万人(当時)利用しており、

LINE側が青少年保護を目的として、LINEIDの利用制限を開始したのが背景にあります。

 

未成年の子供達が不特定多数の人と繋がる手段になっていたのが、LINEIDだったので、

LINE側もこのままでは悪い人と未成年を繋げるツールになってしまうのを恐れての対策だと思います。

格安スマホではなぜ成人の人でも年齢認証になるの?

博士
LINE年齢認証の話を聞くと、ひとまず思うのは、”私成人ですけど?“っと思う方もいるかもしれません。

 

先ほど、上記でもお伝えしたように、格安スマホ2社だけはLINE(ID検索・年齢認証)が可能です。

  • ワイモバイル(Softbankの年齢認証)
  • LINEモバイル(LINE運営の特権)

まず、ワイモバイルに関しては、格安スマホ(サブブランド)と言う言葉で言われていますが、

実際にはSoftbankの自家回線を利用しており、大手キャリアと回線速度・キャリアメール・キャリア決済など全て使えるので、

ワイモバイルに関しては大手キャリアの通信料金を2割ほど安くしたSoftbank会社は違いますが、

契約プランのように解釈されてもいいかと思います。

 

LINEモバイルに関しては、LINEが運営元になっておりますので、格安スマホ会社の中ではLINE(ID検索・年齢認証)ができたら、

格安スマホ業界での差別化になると踏んで自分達が運営しているサービスに連動させているように思います。

 

他の格安スマホ会社は、LINEが年齢認証を行う際の、”答える術がない“ので、
LINE側としても答えられないなら、ID検索は利用することができません。っとしているようです。

 

では、解決する方法はないのか?っと言いますと、答えはあります!笑

LINE年齢認証の解決する3つの方法!

  1. SIMカードを取り出して、再度SIMカードを挿入する!
  2. LINEモバイル・ワイモバイルを契約してLINE(ID検索・年齢認証)を行い、利用する!
  3. 大手キャリアのSIMカードをスマホに挿入してLINE(ID検索・年齢認証)を行い、利用する!

SIMカードを取り出して、再度SIMカードを挿入する!

博士

簡単な流れ:

  1. LINEのID検索(ON/OFF)画面を開きます。
    その後、SIMカードを取り出します。
  2. LINEアプリを閉じます。(バックグラウンドで動作しているアプリごと消します)もう1度、いつものようにアプリを起動します。
  3. 再度、LINEのID検索(ON/OFF)画面を開きます。その状態で、ID検索(ON/OFF)を選択してONになれば、完了です!

 

その後、SIMカードを挿入しなおせば、ID検索がONで利用可能になる方法です!このやり方は、

Youtube動画の書き込みにもありますが、何度もやってみたけどできない!

 

などのコメントが多く目立ちました。恐らく、LINE側もこの方法に関しては、対策をしている可能性があります。

※私も、挑戦してみましたができませんでした。

LINEモバイル・ワイモバイルを契約してLINE(ID検索・年齢認証)を行い、利用する!

博士

LINEモバイル・ワイモバイルを使えば、問題なくLINE(ID検索・年齢認証)を利用することはできるのですが、

Softbank(ソフトバンク)の子会社になり、LINEモバイルは、Softbank回線の導入を決めました。

 

LINEモバイルのソフトバンク回線は格安SIMでありながら

3大キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)並みに回線速度が速いと言われているのが特徴で人気があるサービスです。

 

ですが、 2018年7月2日とまだサービス開始から間もないので、LINE@の年齢認証に関しては、できない可能性があります。

  • LINE: どちらもOK!
  • LINE@:LINEモバイル(Softbank回線はできない可能性!)

頭に入れておきましょう!

大手キャリアのSIMカードをスマホに挿入してLINE(ID検索・年齢認証)を行い、利用する!

博士

この方法は、大手キャリアのSIMカードをLINE(ID検索・年齢認証)をしたい端末に入れて、年齢認証を行う方法になります。

準備するもの:

 

私は、電話(ガラケー)をauで契約していたので、そのSIMカードをLINE(ID検索・年齢認証)を利用したい端末に挿入して、

auの年齢認証を行い、無事ID検索・年齢認証が完了しました。

 

大手キャリアのSIMカードがID検索・年齢認証したい端末とSIMサイズが違う場合もありますので、
違う場合は、このSIMアダプターを購入して行いましょう!

 

後、私の場合はauの音声通話SIMカードを利用するにあたって、

データ通信に関しては”課金制”になっていたので、WI-FIがある場所で作業を行いました。

 

データ通信をOFFにして、WI-FIをONにして利用すれば課金されることはありませんが、
意識していないと、翌月の大手キャリアSIMカードの通信料金が上がる可能性がありますので、ご注意下さい。

 

大手キャリアのSIMカードに関しては、基本誰のSIMカードを借りても問題なく利用することができます。
万が一、ご利用者がお持ちでない場合は、友達・彼氏(彼女)などにお願いする場合は、怪しまれる可能性もありますので、

なるべくなら身内(家族)などのSIMカードを借りるようにして利用しましょう。

 

では、大手キャリアのSIMカードがどうしても手に入らないという方は、どうすればいいのっと思う方もいるかもしれません。

3500円でLINE(ID検索・年齢認証)を行う方法を大公開!!

博士

その方々は、LINEモバイルのデータ通信SIM(¥3,500円)で契約を行います。

費用の内訳:

  • LINEモバイル事務手数料:3,000円
  • LINEフリープランの月額料金:500円
  • LINEモバイルの解約手数料:0円(費用発生しません。)

 

この3500円の金額ですが、LINE(ID検索・年齢認証)でなんでこんなにお金と手間を払ってやらないといけないんだよ!っと思いますが、

 

ビジネス向けのLINEアカウントとして利用されている、LINE@も同様に(1VS1対面トーク)がLINE@(年齢認証)を行わないと、できません!

商売で利用する方は、この方法が低予算で出来る最もいい手段になるので、オススメです。

 

LINEモバイルを契約して、SIMカードを指してLINE(ID検索・年齢認証)をオンにして、

普段使っているSIMカードを挿入すればいいのね!っと思いますが、でも、まだこの話は終わりません。

 

この方法の注意点:LINEモバイル解約前に電話番号の再登録を忘れずに!

この方法で、絶対に忘れてはならない作業が1つあります。それは、”解約前に電話番号の再登録“が必要になります。

なぜこのようなことになるかと言うと、

  • LINEモバイル:電話番号①
  • 普段使っている格安SIMカード:電話番号②

 

LINEモバイルのSIMカードをお使いの端末に挿入します。
そうすると、LINEモバイルのSIMの電話番号で認証を行います。

 

普段使っているSIMカードをそのまま挿し替えてしまうと、それに伴い、電話番号も変わってしまいます。

 

そうなると、PCでLINEを使うときにSMS認証がLINEモバイル(SIMカード)の電話番号に飛んでしまい、
SMS認証のコードが受け取れずに利用する事が出来なくなります。

 

その他には、電話番号での友達追加などもLINEモバイル(SIMカード)の電話番号で登録されているので、
電話番号からの友達追加もされません。

 

この方法を行う方は、しっかり注意点もよく読みご対応下さい!

簡単な流れ:

  1. LINEアプリを起動します。設定⇒アカウント⇒電話番号をタップ!
  2. LINEモバイルSIM(電話番号)が表示されます。
  3. 普段使っているSIMカードと差し替えを行います。
  4. 普段使っている電話番号で認証を行います。
  5. LINE(ID検索・年齢認証)で可能になります!
LINEアプリを起動します。設定⇒アカウント⇒電話番号をタップ!

LINEモバイルSIM(電話番号)が表示されます。

LINEモバイルSIMカードの電話番号が表示されます。普段お使いの電話番号じゃなければ、大丈夫です!

普段使っているSIMカードと差し替えを行います。

LINEに登録されている電話番号を変更します。続行する場合は【電話番号の変更】をタップして下さい。

 

普段使っている電話番号で認証を行います。

【電話番号の変更】をタップが完了しましたら、普段お使いのSIMカードを指し替えを行って下さい。

iPhoneの場合は、SIMカードを格納している所に、専用の危機(PIN)が必要になりますのでiPhoneの方は、準備しておきましょう!

LINE(ID検索・年齢認証)で可能になります!

これで、LINEモバイルSIMカード(電話番号)を利用して、普段お使いのSIMカードのLINE(ID検索・年齢認証)が完了しました。

まとめ

博士

そのほかにも、mineo(マイネオ)以外にも今の通信料金・利用状況から同じ水準で、通信料金が安くできるのかを、管理人自らお調べして提案することも行っております。

 

格安スマホのことがよくわからないけど興味・関心はある“から聞いてみたいと言う方は、「格安スマホ情報掲示板(無料会員制)」を運営していますので、そちらでご質問頂けましたらと思います。

 

そのほかにも、違う話題に関しても記載しておるから、

  • 『楽天モバイルについて違う話題を見る』:を選択!
  • 格安スマホ情報掲示板(無料相談受付中!』:を選択!
  • LINE@【格安スマホ相談室】相談無料!』:を選択!
  • 格安スマホ・SIMの楽天モバイルのメリット・デメリットは?』:を選択!

では、このへんで~。

LINE楽天モバイル【裏技】
フォローする

乗換タイミング・料金シミュレーション・動作確認端末

料金シミュレーション

mineoに乗り換えると

こんなにおトクに?

月額料金をシミュレーション!

確認時間:1分

現在の利用料金と比べる!

動作確認端末

今お持ちのスマホ端末が

そのまま利用可能か

簡単確認!

確認時間:1分

お持ちの機種が該当するか確認!

期間限定!】楽天モバイル:キャンペーン情報

格安スマホQ&A情報掲示板

少しでも、毎月の通信料を安くしたいけど、格安スマホはどうも難しそう・・・。

格安スマホ・SIMに関してのご質問・ご相談など気軽にできる掲示板始めました。

格安スマホ情報掲示板はこちら

LINE@始めました『格安スマホ相談室』

第三者の立場から利用者に合った、格安スマホ選びをメリット・デメリットも含めた上で、お伝えいたします。お気軽にご相談下さい。(相談料:安全無料!

  • 格安スマホに興味・関心はあるけど、内容がよくわからない!
  • 見積もり金額と請求金額が違うのではないかと思い、行動に移せてない!
  • iPhoneを使っているけど格安スマホでもそのまま利用できるのか気になる!
  • ビジネス利用しているのだけど、同じような利用状況でどれくらい安くなるのか気になるetc…。

特典:こちらが運営している格安スマホサイト(姉妹サイト)含むを通じて、格安SIMをご契約された方限定特典になります。

特典内容:次回乗換までの”2年間“ご不明点・ご相談ありましたら、”無料“にて承ります。(現時点では、無制限ですが回数制限を設ける場合がございますので、ご了承下さい。)

格安スマホ・SIMの楽天モバイル攻略マニュアル